人生の節目ゆえ。

本当に今年の前半戦は、ハードでした。

でも過ぎ去った今、振り返ってみると、
これは、のちのちの私たち夫婦にとって、
かなり運命的であり、転換期となるきっかけだったと
今、はっきりと2人で自覚しています。

前に、「生まれて来れたこと自体が奇跡に近い。」
というようなことをブログに書いた時は、
私が最初に考えていたこととは少しズレた方向で
話しが進んでいきましたが、

改めて思うと、やっぱり、うん。
今ここにいる、それこそがまさに奇跡だ、と思う。
これからは、目の前にあるもの全てが奇跡の上に
出会えているものなんだ、

そうゆう気持ちで生きていきたいと思います。

というわけで。
節目には、心機一転したくなるのが私。
本来は、髪でも、ばっさり切りたいところだけど、
今、たまたま、ばっさりとやれるほどの長さじゃない。

だから、とりあえず、通信大在学中に1つ、
卒業後から今までで1つ、というふうに、
ブログを区切ってみてもいいなと思いまして、

どこかで新装開店しようと思ってます。

ちょっと今はバタバタしているので、
すぐには取りかかれないけれども、
必ずや、みなさまのところへお知らせにまいります。

今しばらく、そうゆうことで。。。

これで、いいのだっ!!!!
あでゅー!(←意味はわかってない。)
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-10-04 19:55 | ごあいさつ

おばあちゃんの家。


a0065222_922370.jpg先日、映画「西の魔女が死んだ」の舞台となった、
清里にある“おばあちゃんの家”へ行ってきた。

大好きな作家・梨木香歩さんのロングセラー作品。
ファンタジー=メルヘンチックな世界、
という誤解のもとで生産された文学作品が多いなか、

梨木さんは、愛する人の死を描きながら、
「私たちの日常、そして人生そのものがファンタジーであり物語なのだ。」
ということに気づかせてくれた。


a0065222_94249.jpg
のちのち私が、河合隼雄という人の存在を知り、
その著作本を読みあさるきっかけとなったのは、
梨木さんの影響が大きいと思う。

そして、河合隼雄先生が大往生の末に亡くなられた後、
梨木香歩さんを、世に送り出しのが、
実は、河合隼雄先生だったことを知った。


a0065222_983587.jpg
私にとっては、衝撃の事実だった。

梨木さんは、そもそも処女作であった
「西の魔女が死んだ」を世間に出す気持ちは無く、
ただ、河合隼雄先生にだけ読んでもらいたい、
そして感想を聞きたいと思って送ったそうだ。


a0065222_912478.jpg
それが、河合隼雄先生の心を揺さぶり、
さらに、親しい児童文学作家の目にとまり、
最終的に、河合先生が、出版社に郵送したことで、
私たちもまた、この作品と出会うこととなったのだ。


a0065222_9204843.jpg
実は、私はまだ映画を観てない。
原作のあの世界観を映像にされてしまうのは、
大切な人が自由を奪われていくのを目の当たりにする、
そんな不安感があり、どうしても足が向かないでいた。



a0065222_9253986.jpg
じゃあ、何で清里まで足を伸ばしたかというと、
夫めめも君がしきりに「清里にあるみたいだよ。」と、
何かにつけて言うものだから、だんだん私も、
「まぁ、せっかく近くまで行くんだし。」
という気持ちになってきたというわけ。

現地に近づくにつれて、やっぱり不安が大きくなり、
「あぁ、もう引き返したい!」という心の葛藤を
何とか誤摩化しながら、とうとう現地に着くと、、



a0065222_9321825.jpg
これはこれで、とても丁寧に、大事に作られたんだな、
ということが、ひしひしと伝わってきた。
それぞれが心に留めている原作の世界観は解放したまま、
注意深く「映画」という表現に集中していることがわかった。


a0065222_936179.jpg
ここは、中には入れないようになっている。
何でも、人を中に入れるためには「博物館」として
建築強度をはじめとする諸々の条件に合うように、
改修をしなくてはいけなくなるらしい。



a0065222_9404457.jpg
そうなってくると、本来の“おばあちゃんの家”の雰囲気は、
完全に壊れてしまうことになるので、
今のところは、外から中をのぞくカタチで一般開放されている。

私は、是非、2階の“まいの部屋”も見てみたかったけど、
見れなくて良かったのかもしれない。
大事に作られている全体とその周辺、
そして1階の様子からしても、2階の雰囲気を想像するのに
十分イメージをかき立てられるから。



a0065222_9474098.jpg
主演のサチ・パーカーさんは、作品のおばあちゃんというよりも、
梨木さんが師事されているイギリスの児童文学作家の方の
イメージに近いように感じられた。

自然と自分の中で暮らしを営むことのできる繊細さと
たくましさを兼ね備えた女性のイメージにピッタリだと思った。



a0065222_9534745.jpg映画を観るかどうか、まだわからないけれど、
ここは足を運んで良かったと思える場所だった。

女性一人で来ている人も、ちらほら見られて、
「そうそう一人で来たくなるよね。」って思ったし、
ひとりひとりの魂を揺さぶる作品の良さを、
大事に守って作られているところだと思う。

平日に行ったんだけど、
それなりに人が次々と来ていたのが印象的だった。

だけど、観光地の清里は、清泉寮以外は、
実に閑散としていて、
さながら「千と千尋の神隠し」の冒頭に出て来る、
妙な静寂を放つ街のように、
奇妙な雰囲気が漂っていて、怖かった^^;

だって、インターネットで調べて、
立派なホテルの系列レストランに行ってみたら、
定休日では無いはずなのに、誰もいないの。

だけど、ランチメニューの看板は出ていて、
「スタッフに声をかけてください。」とあるので、
あちこち、探しまわったんだけど、

どこも扉は開けっ放し、そして人がいる気配が無い。

何だか「体験工房」みたいなハウスの入口で、
顔色の悪いおじさんが座っていて、
じーっとこちらを見ている。

その横には、ポニーが何頭かつながれてるんだけど、
水も草も無くて、みんな何だか辛そうだし。。。

あきらめて(怖くなって^^;)、
清泉寮に向かうと、だんだんと人間が増えて来て(笑)、
ホーッとしてしまった、本気で。

めめも君が、
「よかったね。危うく豚にされるところだったよね。」
などと、能天気なことを言うので、

「突っ込みどころは、そこかっ!!!」

どこに行ってもペースの変わらない夫に、
ある意味、救われつつ、
清泉寮でまったり過ごしましたとさ。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-09-28 10:12 | おでかけ

おふろがいいのだー!

a0065222_0464662.jpg

長野裾花峡温泉で泊まった部屋に、
かけ流しの専用温泉がついてたの。

本格的でした。
すんごい、あったまった!

うちにこんなのがあったら、
お水を持ち込んで、
本を持ち込んで、
ぜーたくな半身浴できるよねー♡
やりたーい!

ダイエットも、デトックスも、
やっぱり、風呂がいちばんだよー!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-09-21 00:55 | おでかけ

きのこのこ。

キノコには、素晴らしい抗がん作用があるんだって。

だから、このスキンに変えてみたけど、
右上のキノコを食っても、
いいことはひとつもなさそう、

そう思うのは私だけでしょうか。

実は、今回の旅行の様子を綴ろうと思ってたのに、
それ以上の怒濤の変化が押し寄せてきております。

もう旅行が新しいことじゃなくなって、
遠い思い出のようになっております。

まるで、人生の大掃除みたいです。
来月と再来月では、
多分、かなり違ってます。

めめも君も私も、本来、ひとつところに、
じっとしていられない若者だったので、

これが本来の姿といえばそうも思える。
がしかし、それにしても、すごいです。

やはり、人はどんなに頭で自分をしばっても、
ここぞという時は、心で動く、

それが一番よいのかもしれない。

だって、今、毎日、くたくただけど、
何か楽しいから。

a0065222_18461422.jpg

[PR]

# by sakurakura787 | 2008-09-15 18:46 | ひびあれこれ。

あわーぶーむ。

先日、やっと1週間の旅程を無事に終えて帰宅!

めめも君。
退院して、約1ヵ月を過ぎようという時。
ずっとドライブ移動。

行きは、東京から長野まで約3時間半。
翌日は、長野市内から飯綱高原までの山道を40分。

長野から山梨の小淵沢に移動して一泊し、
翌日は、山頂付近の増富温泉に一泊。

帰りは、その山頂から甲府に立寄り、
東京までゴーゴゴー。

すげくなーい、やばくなーい!?
ま。いいか。

本人も、いいか、と思ってる。
はず。

別に、癌につかまったからといって、
無理に笑いを生もうと思ってるわけじゃない。

好きなだけなんだ。

「ジョイマン」が。

ナナナーナナナー
ムーミン 永眠。

とか、12時間の大手術を終えた人に
言っていいのかどうか。とか、考えない。

ナナナーナナナー
コバンザメ 湯冷め。

2人で、高木さんの動きを真似て踊るも、
どうも似ない。不格好になる。

もともと不格好を狙ってる高木さんの動きが
格好よく思えてならない。

旅行中、暇をみつけては、やってたからか、
それとも、私が太ってて丸顔だからか、

「おくさん、明るくていいわねー!」

とか、言われた。複数の人から言われた。

その度に、

「本当に明るいのは、こんなことを
本気で面白がって、私が飽きてもなおやっている、
めめも君のほうではないか。」

と思った。

旅行のあれこれは、また次回。

とりあえず、ジョイマンおすすめ。
是非、ゆーちゅーぶ、見てみて!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-09-12 00:24 | ひびあれこれ。

なんやかや善光寺。

a0065222_22165486.jpg

善光寺デビュー完了!

寺好きな私達には、たまらん荘厳な雰囲気!
圧倒されたっ

早速、おみくじ引いたら「吉」。

「商買は木か糸に縁あることたるべし」とあるんだけど、それって一体どんな?

何か線香の束に火をつけて、頭より高いところに口のある大きな釜みたいのに投げ入れるやつで、

指、火傷した(:_;)

線香に火をつけて、無意識に振って火を消したら、夫めめも君が、消したらだめなんだよ、というから、

また火を点けたら、勢いよく燃え上がって、釜の口に持って行く前に、あっちっちっち!

いいんでしょうか。
お寺でこんな失態(゜_゜

さらに、「身代わり守り」なるものがあったので、めめも君に勧めてみたら、

おもむろに店員さんを呼んで、

「これは誰が身代わりになるんですか?」

「善光寺の神様ですよ。」

どうすんの?買うの?と聞いたら、

「いや、神様が可哀相だから。自分の病気は自分で治すからいい。」

ついでに、地球温暖化問題の解決もお願いしたいと思った。

そんな一日の始まり(T_T)
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-09-05 22:16 | ひびあれこれ。

もうすぐ旅行なのだ。

やっと、雷雨が落ち着いて晴れ間が見られたね。

今朝は、朝5時に猫ズ。に起こされて、
しぶしぶ起きて、ご飯をあげた。

ふと窓の外を見ると、雨が上がってる様子。
家中の窓を開けて、空気の入れ替えをしてみたら、

たっぷり水分を含んで、朝露でひんやりした、
極上に気持ちがいい空気が流れてきて、
何ともいえない快感〜〜!!

しばらく、ベッドに横になって、
「無」の状態のまま、寝そべってしまった。
まさに、癒しの時間だった。

今、めめも君は、正しい食事療法を習得するため、
専門の病院に入院して、修業している。

修業というと、ストイックな感じがするけど、
たまに携帯の写メで送られてくる玄米菜食の
療養食は、ものごっつい美味しそう!!!
私が食べているものより、絶対に豪華!!!

それに、病院のすぐ近くに、
東京なのに、天然温泉が出ている銭湯があり、
また別にいい銭湯もあるので、
入院患者のみなさん、ほとんどお風呂は
そっちを利用するらしい。

温泉大好き、大きいお風呂大好きなめめも君。
好きなことづくめで、かなりエンジョイしてるよ。
私も一緒に入院すれば良かった、肥満治療で、と、
本気で思った。先生にも誘われたし(笑)

多分、見た目てきには、よっぽど、
私の方が緊急性の高い不健康状態だと思うし^^;
いいのか、自分。いや、良くない(笑)

来週、めめも君が帰ってきたら、
勉強を兼ねて、山梨→長野へ
行くことになっている。

車で行くので、前後1〜2日は、
温泉宿に泊まって、休みながら目的地に向かう予定。

今年で結婚7年目。
出会ってからは9年目。

日本に戻って来てからは、
めめも君も、私も、
生活を築くため、将来のために、
ただただ、走り続けて来た。

これほど、まとまった日数の旅行は、
結婚してから、初めてのこと。

そろそろ、ペースダウンしていいよ、
っていうメッセージなのかもしれない。

私は、単純に、旅行が楽しみ。
だって、めめも君とは、何時間一緒にいても、
あれこれ話ができて、楽しいから。

めめも君は、自然が大好き、山が特に好き。
硫黄の匂いのする温泉は、最高に好きだから、
部屋に温泉がついている宿で、
2人で、ゆーっくり、するのだ。

将来のために生きる生活もあっていい。
でも、今を生きるってことを実感しながら
過ごす毎日に切り替える時が来てもいいと思う。

本当に来週が楽しみなのだ。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-08-31 15:54 | ひびあれこれ。

わからない、というツボ。

今回の夫の病名がわかるまで、えらい時間がかかった。
5/19に入院して、病名わかったのは、結局7/10位だから、
実に2ヵ月弱??検査、検査の毎日で、不安ばかり募るという。

大学病院っていうのにも、かなり戸惑った。
ボス医者がいて、病棟を回診する専門の主治医とその子弟達、
というグループ制になっている、ということも、

特に説明があるわけじゃないし、
聞いてみて、「大学病院はこうだから」っていう感じ。
知らねーよ、教えてくれよ、って思った。

わかりやすい病気だったらいいんだけど、
うちらみたいに、診断名がつくまで時間がかかると、
それこそ、検査毎に、必死になって医師の話を、
咀嚼して飲み込まねば、とやっきになってしまう。

そんで、聞いたんだけど、わかってるようで、
わからない、そうゆう、もどかしさ。

まぁ、医師とのコミュニケーションうんぬん、
っていう課題もあるとは思うんだけれども、

何より驚いたのは、病院だから、お医者さんだから、
何でもできて、わかっていて、まるで魔法のように、
全てを奇麗さっぱり解決してくれる、

みたいな幻想を抱いていた自分がいたってこと。

そうじゃないんだよね。
やっぱり、わからないことがあるんだよ、
人の体のことって。

わからないなりに、しかも医薬品の早期認可が待たれる
ような状況の中で、日進月歩の医療技術の中で、
必死に戦っているお医者さん達がいるんだ、ってこと。

そして、患者とその家族は、病院を入り口にして、
お医者さんや看護婦さんなど、非日常の人と突然に出会い、
何とか、自分の健康を取り戻そうと努める。

ホント、医者まかせ、っていうのには、
かなり無理があるんだなって思わされた。

薬にしろ、手術うんぬんにしろ、
自分がきちんと把握して、自分で決断していかなきゃならん。
それも、かなりの短期間で行わないといけない。
それには、家族の協力がどうしても必要なんだ。

例えば、スーパーで、お弁当を一個、買うのは簡単。
でも、そのお弁当と全く同じものを、
食材から揃えて、自分で作ろうとしたら、
そりゃあもう、大変だよね。だしから味付けから、
材料を適度な大きさに切ったりさ。。

それでも、かゆいところに手が届くカタチ、
というと語弊があるかもしれないけれど、
自分が望むカタチで、自分の体を治そうと思うと、

そりゃあもう、相当なエネルギーが必要なわけだ。
それも、病気で、ただでさえ体が弱っているという時に。

そうすると、お医者さんにおまかせ、になるよね。
それは当然だ。体が辛い時に、自分で料理しないで、
お弁当を買って食べて何が悪い。当たり前のことだ。

ただひとつ。
人間の体っていうのは、こうすれば絶対こうなる、
っていう基本的な中央値を探ることはできても、
個体差のデータを集約して統計を取ったもの、
っていうのは、患者側としては、あまり意味をなさない。

自分が深刻な病気になった時に知りたいのは、
そういった大まかなデータじゃなくて、
あくまでも、自分にほど近い個体差と自分との比較
を通した、自分の体と病気への学び、なんだよね。

患者同士の横の繋がりが、もっとできてくると、
例え、病院で見放されたからといって、
それで絶望しなくてもいいんだ、って、
抗がん剤をしない、っていう選択肢だってあるんだ、
っていう、

自分の体を治すために、自分が闘える方法を、
自分で見つけ出す、ことがより早くにわかって、
できるようになる、検討することができるんじゃ
ないかなと思う。

専門的に学んでも、やっぱりわからないところがある。
そうゆう、人間が人間をわかりきらない、
ってところに、自分であることの意味があるんじゃないか、
と思ったりする。

うーむ。
吐き出してるね、私(笑)
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-08-28 01:42 | ひびあれこれ。

何ともいえん気持ち良さっ♪

最近、やたらと調べものをしているなかで、
コーヒーエネマ」なるものを発見。

エネマ、すなわち「洗腸」である。

オーガニックコーヒーに、
腸に優しい成分を配合したもの155g位を、

人肌位の温度になるように、
ミネラレルウォーターと奇麗なお湯で薄めて、
だいたい700〜1000ccにする。

それを専用の点滴材のようなもので、
直接、肛門から腸に流し入れるのだ。

といっても、だいたい、入るのは、
肛門から近い一回り位のものなので、
特に、腸の左側が汚れて詰まりやすいという部分を、
重点的にマッサージしながら、便意を待つ。

しばらくすると、ぐぐぐぐーーーっ!と、
ブツが降臨されるので、急いでトイレに駆け込む!

これが、これが、今まで味わったことの無い、
何とも言えないスッキリ感なのですよ!

体が、ふわ〜っと軽くなった感じがするの!

毎日、同じ時間にするように、ということなんで、
私は寝る前、だいたい夜9時にしているんだけど、
体が楽になって、寝付きも、すこぶる良いのだ。

特に、翌朝、胃や腹部のあたりが、
本当に気持ちが良くて、清々しい感じなのだ。

私はもともと便秘持ちで、特に最近は胃の膨満感で
苦しくてたまらなかったので、ほぼ毎日、
市販の便秘薬や処方の胃薬を飲んでたんだけど、
あまり改善しないし、

何より、めめも君の一件で、
何でもかんでも薬を飲むっていうのはどうだろう、
っていうところにたどり着いたわけ。

コーヒー洗腸は、アレルギー体質の改善も
期待できるようなので、まぁ、体の調子を見ながら。
自分に合っているようであれば、
このまま、続けてみようかなと思っている。

ところで、便秘薬の常用で刺激され続けた腸は、
自然の状態を取り戻すのに半年位はかかるそうな。
漢方にしても、薬は薬なので、自然ではない刺激を
急激に与えるというのは、何にしろ、
良くないことらしい。

わかっちゃいたはずなんだけれども、
目隠しして、「今度だけ」「今だけ」って、
見ない聞かない知らないふりをしてきた気がする。

だめなんだよ、それじゃ。
体には、確実に影響しているんだね。

めめも君と共に、玄米菜食を学びながら、
私の体も自然な力を取り戻せるといいな、と、
もしかしたら、私にとってもそうゆう勉強の意味が
この経験にある、のではないかと思っている。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-08-27 19:21 | ひびあれこれ。

怒濤の3ヵ月。

いやー、やっとブログに書けるほどに、
落ち着いてきた、状況も心の方も。

5/19から緊急入院していた夫めめも君。
それからずっと、めくるめく検査の日々が続き、
しまいには、大学病院へ転院までしたのに、
さらに検査、検査の毎日。

More
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-08-23 11:31 | ひびあれこれ。

お休みします。

しばらく、ブログをお休みします。
ちょいと多忙になってきました。
また再開することがありましたら、
またみなさんのところに遊びに行きますね!

ひとまず、これにて!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-06-06 07:51 | ひびあれこれ。

さらば、窓ズ。

a0065222_0285892.jpg

私の窓ズ(Windows)が、落札されました。

モニタとデスクトップのセットで3万円也。

いやぁ~外資メーカー産とはいえ、正規購入だから、

もうちょっと、いい値で落ちるかと思ったけど、ピッタリ相場通りだった(¥_¥)

パソコン市場の変化は激しいね。数カ月前は、数年前って勢い。

ってなわけで、
私が持ってるパソコンはMacオンリーになった!

まだ使いこなしてるわけじゃないけど、想像以上に手馴染みがよくて、

今までの「パソコン」っていう概念を、くつがえされてますっ

「Macは操作が直感的」と皆から聞いてた、その感じ、今、わかりました。

自分の分身みたい。

さあ、もう戻る後ろは無くなった!

分身と共に、前へ前へ、ゆこうじゃないかっ!

いぇーい( ^^)Y☆Y(^^ )
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-06-04 00:28 | ひびあれこれ。

35にして、ミーハー心あらわる。

最近、この右側の人に、はまっていて、
こっそりブログを眺めては、わくわくしちゃってます^^*

しまいには、
「B型かぁ、気が合わないんだよなぁ どうしよう」
などと、血液型の相性まで心配する始末。
(ちなみに、私はAB型、ついでに夫はA型。)

めめも君は、
「べーつに、普通じゃん。前髪がうっとおしい。」
などと、夫らしく、突っぱねてくれてますっ

私、あんまり、誰かのファンになったりしないので、
めずらしいっちゃ、めずらしいの。

それに、20代の頃は、好みの男性のタイプは、
どちらかというと、くまちゃんみたいなポッテリ顔だったけど、
めめも君と知り合ってから、さっぱりした顔立ちの人に
引かれるようになった。変わったものやのぉ。

私の人生で、あまりなかったミーハーな感じが新鮮で、
自分自身を、面白がってるようなところがあるな。

7月に単独ライブをやるみたいなんで、
ちょっと行っちゃおうかな、と思ってます!

うききっ!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-06-02 08:42 | ひびあれこれ。

マジックルームで魔法にかかる。

a0065222_1441780.jpg

先日、甥っ子と行けなかった舞浜ヒルトンの
マジックルームは最高にマジカルでした('◇')

部屋は、壁に森の中にいるような木々や動物、
天井には青い空が描かれていて、可愛い!

子供が喜ぶように様々な仕掛けがあって、
大人も一緒にワクワクできちゃう。

写真のカエルもベッドの上でお迎えしてくれました!

うちでは、めめも君の影響で、
カエルのことを「ゲロビッツ」と呼びます。

上の写真は、母がビデオを回して、
私がカメラに向かって甥っ子に
「ゲロゲロ~ゲロゲロ~ゲロビッツ!!」と
激しく歌っているところ。

脳天気は!いい天気♪♪
(そう思ってるのは、我が身なりけり。。!?)

*ちなみに、Macの文字入力ソフト「ことえり」は、
ものすごく優秀だと思う!IME何かより、使いやすいし、
文字変換の精度も高いように感じるんだけど!

これだけでもMacを選んで良かったと思えるくらい。
私にとって、文字入力は一番大事なポイントなのだ。
少しずつコマンド+の操作も覚えてきたので、
さらに使いやすくなりそう。

基本操作に慣れてきたら、
もっと色々、ソフトを使ってみたいれす。
しかし、目から鱗の嬉しい実感を味わわせてくれるよMacさまさま!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-28 14:04 | ひびあれこれ。

外出許可で帰宅。

a0065222_19191975.jpg

先日、入院中の、我が夫めめも君が、
外出許可をもらって、少しだけ帰宅しました。
早速、イクスピアリで買ってきたお土産を
装着してもらい、ハイチーズ~(ノ゜O゜)ノ

アホれす。
とても入院中の人とは思えません。
やる気まんまんですッ。

ちなみに、「アラジン」に出てくる、
お猿さんのカチューシャ。
退院したら職場で活用してくれることでせう。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-26 19:19 | ひびあれこれ。

Macデビュー!

a0065222_189719.jpg

a0065222_189773.jpg

こんな脳天気なことをやってる場合じゃあ
ないんだけれど、みなさまにご報告をば。

ついに私、Macデビューしました!

悩みに悩みました。
周辺のものをオークションで売り、
資金をかき集めて、

初志貫徹ということで、MacBookです!
ホワイト、ホワイティ、ホワイテス!!

ドキドキしつつ電源を入れると、
軽快な音楽と共に、美しいオープニング動画
が始まり、これだけで、なぜ多くの人が
Macに惚れ込むのか、よくわかった気が!

同時に、ビギナー本も買い、
AirMac Expressも買いました。

なかなか無線LAN接続ができなくて、
Appleサポートに電話したら、
関西なまりで、エンターテイナーのような
面白いしゃべくりの人にあたり、
「さすがMac」と、妙なとこで感動。

まだ、小文字が打てなかったり、
何がどこに入る、入ってるのか、
ウィンドウのサイズを大きくするのは?
などなど、

わからずに戸惑うけど、
楽しく勉強します!!

ちなみに夫は元気に入院中。
大事ではないようなので、一安心です。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-24 18:09 | ひびあれこれ。

めめも君、また入院。

Macが欲しいの欲しいの、という物欲に溢れた私に、
魅力的なアドバイスをくださったみなさん、
ありがとうございます!

私のハートは、くすぐられましたっっ
にくい、にくいわ、みなさんっっ

この件については、週末には、
ご報告できる、かも、しれま、、せんっ!!

コメントへレスが少々遅れます。ごめんなさい!

実は、昨日から、めめも君が入院してます。

昨年の胆結石&胆嚢炎での入院・手術から、
ほぼ1年。再入院です。

原因は、残していた胆管に、また、
結石ができている可能性が高い、ということ。

MRIの予約が殺到していて、
今週の金曜日にならないと空きが無いため、
金曜日まで絶食が続きます。

かわいそすぎる。。

っていうか、MRIの予約が満杯って、
どんだけ???って、感じですよね???

どれだけの人が、わが身の体を
輪切ったように検査しなきゃならんのか。。
心配です。。日本、大丈夫なのか。。。

そんな私は、今日、舞浜のヒルトンホテルから
帰宅したばかりです。

夫が入院中というのに、不謹慎、極まりない。
が。夫の勧めもあって、行ってきました。

もともと、母と妹と甥っ子とで、
ヒルトンのマジックルームに宿泊し、

甥っ子をTDLに連れて行こうという計画でしたが、
前日に、甥っ子が発熱でダウン。

ホテルをキャンセルすると、キャンセル料が。。
じゃ、お母さん、ひとりで行ってくる。。。。
というもんで、

なんだか、どうしようと思ってオロオロしてたら、

「別に、さっぱり痛みとかは無いし、
点滴して寝るだけだから、行ってきなよ。」と、

あいかわらず、できた夫が、言ってくれました。

母と一緒で楽しかったけれど、
やっぱり、どこか、二人ともぽっかり穴が
空いたような気持ちで、

TDLには行かず、チケットは来年まで有効なので
是非、またみなで来よう!ということになりました。

久しぶりの、日本の、立派なホテルにステイして、
私にとっても、気持ちがリフレッシュできたようで、
良かったです。

そして、TDLで自分が楽しみたい!というよりは、
甥っ子の楽しむ顔が見たい、というふうに、
自分も変わったのだなぁ。。。。と、

TDLの25周年記念グッズを横目にしつつ、
しみじみ思ったのでありました。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-21 00:33 | ひびあれこれ。

寄せては来る、Macの波。

また来ましたMac欲しい熱!!

どうゆう周期かわからないけれど、
定期的に、「嗚呼、Macが欲しい~」という波が、
やって来るのですよ。

今まで、ずっとWin使いで、
台湾製デスクトップ→SHARPノートパソコン→
日本HPデスクトップ&20インチモニタという
変遷してきたわけですが、

ここんとこ、Mac Book(13インチ)に買い換えたい!
もうデスクトップはいらない!
どこにでも移動して作業できるようになりたい!!!

という、思いが募りつのっておりますっっ

・・・というのも、デスクのほとんどのスペースを、
モコちゃんに占領されておりまして、
脇に移動してもらっても、すぐに中央に来るの(涙)
それも、モニタの目の前ですよ^^;

それに、「ながら族」な私としては、
テレビ見ながら(厳密に言うと聞きながら)パソコン作業、

本を読みつつ、ひとやすみしてパソコン作業、

寝る前に、ベッドでパソコン作業、

。。。というのが、とーってもやりたーーーい!!

最近、ソフトバンクのインターネットマシン
922SHに機種変してから、
モバイルできるネットマシンの利便性に
すっかり目覚めてしまったのですっ!

でも、やることのほとんどが文書作成とか、
文章をいじったりする、ってことだと、
せっかくのMacも宝のもちぐされ、になるかなぁ??

Winは、夫がVista搭載の最新マシンを持ってるので、
私はMacでもいいんじゃないかと思ってるんだけど、

13インチのMac Bookがメインマシンというのは、
少々、無理がありますかね??

Mac用のOfficeソフトもあるようだけど、
やはり必要なんだろうか。。
Mac自体には、Wordのようなソフトって、
入っているのかなぁ?

13インチで、メモリもHDDも最大にして、
Officeを入れたとしても、かなり重くなるんじゃないか、
とか、色々と心配があるのですが、

それでもモバイルっていうが魅力だなぁ~
などなど、遠足前のおやつ選びのごとく、
夢想する毎日でありますっ

ちなみに、いかにも素人って感じだけど、
Macというと、やはり、ホワイトのつるんとしたデザインに
憧れがあるんですよね~

だもんで、今、話題のAir Macのシルバーボディは、
ちょっと、好みではないのだ。
やっぱり、ホワイトがいいんだよね~

以上、夢見るのはタダである、というお話^^;
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-16 22:25 | ひびあれこれ。

まぁ色々あるもんさ。

自分のアイスを食べ終わったので、
ふざけて甥っ子の方へスプーンを向けて、
「食べたいなぁ」と言ってみたら、

「みーしゃん、そっち、あるでしょ。」

と、たしなめられました(┰_┰)
それがまた冷静な顔つきだったので、
ますます恥ずかしくなりました。

そんな甥っ子ですが、今のところ、
バアバの影響で、日本語よりも、
英語をよく覚えます。

今日も、プレ幼稚園の初登園で、
お遊戯に出てきたカエルの人形を見て、
耳をつんざくような大声で、

「すねーーーーーーいくっつ!!」

と、叫んで周りを固まらせたそうです。
甥っ子よ、スネイクは蛇だ!カエルの天敵!
今度、カエルの英単語を教えます(;^_^A

More
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-15 04:35 | ひびあれこれ。

それでいいのだ。

出会いって必然だなって、
つくづく思う。

最近はまた、そんな心の触れ合うような
やり取りのできる人と再びお近づきになり、
この時に、このタイミングで、
何と不思議なことだろうってしみじみ思った。

ずばり、私は友達に恵まれていると思う。
自分に自信が持てない時も、
「私には、あんな人やこんな人、
素晴らしい友達がいる。これには絶対の
自信がある。」と思えた。

そうゆう友達に恵まれている自分に、
自信を持ちたいと思った。

少々センチメンタルな発想かもしれないけど
この間接的なようで確信のある思いが、
凸凹道を歩む時に私に勇気をくれた。

ここ数年、混沌とした日々を送っていても、
そのことは、いつでも、あきらめず、
自分を信じようという気持ちにさせてくれた。

そして、最近、ストンとふに落ちた。
ずっと5年後の今日がどうなっているべきか、
悩んで怯えてきたけれど、金輪際、
そんなことを考えるのは止めたいと思った。

今、自分がわかっていることから、
そこからはじめればいいんだ、
それだけのことだ、そうだったんだ。

過去は、あんなだった。
未来は、どんなだろう。

まあ、そうゆう考えもよぎるだろう。
そうゆう日もあるだろう。

でも今、私にはわかることがあるんだ。
それをやればいいんだ。やっていいんだ。
そこから未来は広がるんだ。
どんなことが起こるか想像もできない未来が。

留学当初の下宿から、徒歩10分の所に、
未来の結婚相手がいるなんて知らなかった。

学生時代、留学生と交流しながら、
日本語教師って、どうすればなれるんだろう?
って友達と話してた。

台湾でその仕事をしようとは思ってなかったし、
よもや、そこで、めめも君と出会うとも、
一緒に仕事するとも、ましてや、
結婚して日本に戻るとも、想像できなかった。

想像できないことは恐ろしい。不安だ。
でも私は後悔してないんだ。

もう一度、人生をやり直したいとは思わない。

だから、今。
わかることから、やろうと思う。

過去でも未来でもない今を、
ワクワクしながら、生きたいと思う。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-11 01:19 | ひびあれこれ。

ビバ!こどもの日( ^^)Y☆Y(^^ )

5/5(月)こどもの日。

近くの大型ショッピングセンターは、
空前の大混雑!

駐車場の入口ゲートが、
前の車の余韻で上がってるのか、
それとも今日は無料大サービス中なのか、
わからないくらい、あがりっぱなし状態。

全国名物駅弁フェアがやっていて、
思わず好物のイカメシに吸い寄せられるも、
今日は甥っ子んちでお祝いの食事会があるのでぐっとこらえて、帰る。

みんな一同に集まったにぎわいに興奮した
甥っ子は、終始ごきげんで、エアーギターを
披露するわ、バイクのおもちゃにまたがって
私の足の指を轢いてくれるわ大騒ぎ。

私もまけじと騒いだ。
「たっちゃん、結婚して~」
「や~だっっ」
「いいじゃぁ~ん、結婚してえ~」
「やぁ~だっ」
以降、えんえんと続く(ノ゜O゜)ノ

あまりに騒いで笑ったので、
今寝れませんっ かんのむし?!

今朝は私にしては早起きして、
ずっと眠かったはずなのに。

こどもの日は、
もしかして大人も子供に戻る日
かも。。。。。???

特におとなげない大人には
てきめんの祝日だ(゜o゜)\(-_-)
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-06 02:40 | ひびあれこれ。

平日感覚。

a0065222_220108.jpg

GWで、こんばんは。
---------ーー
うちは夫が時間の不規則な
仕事をしてるので、
平日にお休みってことが多い。

それに慣れると、平日休みの方が、
何かと便利で楽チンなので、
あえて世の中の祝日とか連休には
出かけなくなってきたのだけど、

みんなが連休でワクワクしてる感じに
乗れないのが、ちょっと残念だなぁ。
---------ーー
胃カメラは、何とかやり過ごした。
軽い喘息持ちと言ったら、
お医者さんが「なるべく静脈麻酔は
控えた方がいい。」というので、
麻酔は口にするものだけで挑んだら、
苦しいのなんの(涙)すぐに後悔した。

入ってしまえば、すぐに慣れたけど、
ずっと背中をさすってくれた看護士
看護師さんの支えがなかったら、
ギブアップしそうだった!

身を持って看護士
看護師って繊細なお仕事だなぁと思った。

「若いと(喉の)反射が強いんだよね」
って、先生!嬉しくないからっっ!!

こんなに色々なことが最先端になっても
胃の中を見るには胃カメラなのね(ノд<。)゜
ちなみに特に異常は無く、至って綺麗な胃だった。
---------ーー
人生なにがおこるかわからない、
というのは私自身つくづく思うこと。

もし、もしもまた離婚なんてことに
なったら、次の恋人は女子ってのも
アリ!?かもな、と、

最近見た「Lの世界」を見て思った。
ある意味、開眼してしまったかもしれん!

女には男、男には女、
っていうカテゴリを当然としてたけど
よく考えて見ると、窮屈で束縛的な
思考になることが多い気がする。

おしゃれをするとか、
性的なこととかだけでなく、

本当にささやかな思考というか
判断が異性の存在を基準にしてたかも!?
と思えることがたくさんある。

このドラマを見たからといって、
単純に「じゃ次は女子で」というんじゃない。
でも、男だからこそ、とか、
男社会の中の女、男にとって必要な女
を描いた作品は山ほどあるけれど、

女だからこそ、の生き様、立場、
喜びや苦悩、痛みの感覚を描いた作品は
相当に少ないと思う。

だから、このドラマは相当にグロい。
心理描写を空気で漂わせる一方で、
生々しいまでの感情と体のぶつかり合いに
見ていて疲弊する時もあるけれど、

そこがまた魅力的で、女友達と一晩中
語り明かした時の気持ちいい開放感を
与えてくれる。

でも、普通の男性が見たら、
○ルノにしか見えないか、
そこだけが結局際立つ残り方をするかもね。
それもまた女子との感覚の違い。

出来上がっていたものを、
根本からひっくり返されるっていうのは
とても気持ちがいい。
久々に刺激的で新鮮な作品に出会った。

早くシーズン3のDVD出ないかなぁ♪
---------ーー
↑であんなことをいいつつ、
最近、とあるお笑い芸人さんのファンに。
7歳年下と知り、自分が年老いたこと気づく。
でももう若かったあの頃には戻りたくない。
こりごりだから!
かくなる上は、若返り大作戦だっ!!
ソフィーナの化粧水すごいよ(o≧▽≦)o
---------ーー
2歳8ヶ月になる甥っ子が、
最近、急激に、2から最高4文節位を続けて話すようになって驚かされている。

「れんらく するから」
「めめもくん ブーブ のりたいなぁ」
「かぜが つよいなぁ」などなど。

今まで見て聞いて溜めてきたことが、
せきをきったように言葉になってる感じ。
いちいち感動してしまう。

しかも、
「みーしゃんと結婚して!」と言うと、
「。。。。。」無言になる(pω・。)
危険レーダーも発達している模様。
もっと早く売り込んどくんだったっ
---------ーー
誰か、自分のことをよくよく知ってる他人がいて、
「あなたはこうすれば絶対いいよ。」
といってくれたら、どんなに楽になれるだろうと思う。

それくらい今は自分のことが
さっぱりわからなくて、真っ白な状態。
少し考えて、これだよ!と思っても、すぐに煙りの中にやられてしまう。

わからなくても動いていた頃もあったのに。
早く自分なりでいいから、
心に確信が芽生えるといいな。
そのために必要な今なんだって思うようにしよう。
---------ーー
はぁ。
一ヶ月分くらい書き込んだかも。
携帯からなのでパソコンで見たら、
どんだけ長文になってるか。。
怖い)゜0゜(ヒィィ

ではでは、これにて。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-05-04 02:20 | ひびあれこれ。

初の胃カメラに挑戦(涙)

今週の火曜日、
人生で初の胃カメラをすることになりました。

喉のつかえ感が取れなくて、
母の勧める病院に行ったところ、
「逆流性食道炎」の疑いがあると言われました。

んで、ずっと胃弱だなと思っていたし、
20代の頃には、今年世界中で話題の国で
何度も急性胃炎になって点滴受けたりしたので、

この際、もういい年齢になるし、
一度、胃の中を徹底チェックしておこうかと。

自分で決めて、お医者さんにお願いしたんだけど、
火曜日が近づくに連れて、緊張してきました^^;

本当は、鼻から入れるやつが良かったけど、
この病院ではやってないらしく、さらに、
何か胃の中に見つかった場合、
鼻からのカメラでは組織採取できないので、
結局、口から入れなおすことになる、
とかネットで見て、覚悟を決めました。

あと、麻酔ね。

軽度とはいえ喘息持ちでもあるので、
静脈注射での麻酔は避けた方がよかろうと。

麻酔で、喘息発作が起こる可能性が
あるらしい。

本当は、ベーシックな喉の麻酔も避けた方が
良いらしいのだけど、

私は、ランボーじゃないので、
自分の傷を、麻酔無しで、自分で縫う、
みたいなことには耐えられませんっっ!

せめて、喉麻酔はーーーーー!!!
ということで、喘息の方を怖がっている
お医者様の言葉をさえぎって、
ベーシックな麻酔はゲット。

何か、ドラック中毒みたいな患者だね(涙)

さらに、私、

「鼻がつまってる状態で、胃カメラいれると、
窒息しませんか?」

とか聞いちゃうし。

「気管支に入れるわけじゃないから、
息はできますよ。」と、

優しい微笑みで答えるお医者様(笑)

あー胃カメラまで、あと中一日。

ただ今、心の中で、刻一刻と迫る火曜日まで
カウントダウンが始まっております^^;
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-04-20 01:31 | ひびあれこれ。

自業自得でした(涙)

今回の私の体調不良は、
自業自得の極みであったことがわかりました。

もともとハウスダストや季節の変わり目に弱い
アレルギー性鼻炎を持っていて、

一年を通して、本当にちょくちょくと、
鼻がつまって苦しいってことがある。

でも病院に行くほどじゃないので、
1年くらい前から、
市販されている点鼻薬を使ってきました。

シュッ!と、ひとふきするだけで、
びっくりするほど、鼻が通る!!
もう本当に一瞬で!!

それに味をしめて、
ちょっとしたことでもシュッ!としてました。

常に持ち歩き、就寝時も手放せない。

で、実は、これのやりすぎで、
喉の方に液体が流れ込み、
炎症を起こして、それがひどくなったのが

今回の体調不良の原因だった。

風邪でもなんでもなく、
薬による悪循環な病ってやつ。

そして、痰だ、痰だと思ってたのも、
実は、炎症で腫れている状態のみで、

鼻汁も痰も透明できれいなのね。
だから、感染症では無い。

。。。ということが、
実家の近くのでかい病院に行って、
一発で判明しましたとさ(涙)

漢方のお薬を処方してもらって、
すぐに良く眠れるようになり、
症状も日々、改善されています。

とにかく、眠れなかったのが辛かった。

寝ないと病気は治りません。
例え、どんなにいいお薬を飲んでいても、
寝ないと、全く治らない。

眠れると、喉が多少、痛いままでも、
体全体の調子や、気分が良くなって、
治ろうとする力に拍車がかかる感じ。

それと、この時期、花粉症などで薬を
服用している方もいらっしゃると思いますが、

私の使っていた市販の点鼻薬には、
抗ヒスタミン剤が入っていて、
それは、食欲を増進させる作用があるそうです。

経口投与するのと、患部に直接塗るのでは、
作用が違うかもしれないけれど、

こんな知識は全く持ち合わせてなかったので、
これも驚きのひとつでした。

きれい、きたない、以前の問題として、
今、体重増加には特に気をつけなくちゃいけないので、
目から鱗、自業自得の上塗りな情報でした(涙)

。。。というわけで、今週末まで、ガッツリ眠れば、
どうやら、来週には回復といえる状態になりそう!

あ~本当に良かった(涙)
辛かった~(涙)

みなさまも、くれぐれもお気をつけください!
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-04-03 23:02 | ひびあれこれ。

しつこい!!

先週から痰がからんで、咳が出て、
でも熱は無い、みたいな状態がずっと続いてる。

昨日あたりから、だいぶ楽になってきたけど、
それにしても長すぎる!!!

子どもの頃から、喘息持ちで、
みかけによらず病気慣れしてる私でも、

この、しつこい痰には辟易しているっ

つまった水道管に流しいれると
すっきり汚れを溶解してくれるような、

あんな痰撃退シロップが欲しい!!!

くぅぅぅぅーーーーー!!
早く治らないかなぁ。。。(涙)
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-03-26 19:53 | ひびあれこれ。

天才に出会う。

徹夜しちゃった。
萩尾望都さんの「残酷な神が支配する」
全17巻を一気読みしてもうた。

いや、厳密にいうと途中で、しばし物思いにふけりつつ、
何とかラストまでたどり着くことができたって感じ。

漫画大好きだけど、なぜか天才と名高い
萩尾さんの作品を読んだことがなかった。

赤木かん子さんのブックガイドで
推薦されてるのを読んで、図書館で借りてみた。

確かに、天才だと思った。
すごすぎる。
真似したり努力したりして
表現できるもんじゃないと思った。

リアルに登場人物と出会い、
その人生と心理の軌跡を
体感しているようだった。

この作品を読んで、
人の心を侮ってはいけないって
思い知らされた。

日々、新しい物が生み出され、
万人のニーズに答えるかのようにかゆいところに
手が届く物やサービスを気軽に選んだり、
もらったり、取り替えたりできる環境にいるけど、

人の心、本当の根っこまでのことは、
そう簡単にどうこうなるもんじゃないってことが
これを読んで身に染みてよくわかった。

思ってる以上に、
人の心には、たくさんの時間がかかって、
また、かけなければならないものなんだって、
よく理解できた。

それにしても、すごい。
9年かけて描かれた大作は、
現代に置き換えても、
全く色あせずに読み手の心臓を射抜く迫力と切実さがある。

圧巻。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-02-27 10:50 | ひびあれこれ。

大サービス中。

昨年、腎不全と診断されたモコちゃん。

ずっと父と暮らしてたんだけど、
男の一人暮らしで仕事もしているので、
なかなかマメに世話ができないこともあり、
昨年から再び私んちで暮らすことになった。

うちに来た当初は、毛並みも悪くて、
免疫力が低下しているせいか、
結膜炎や歯の炎症などなど、
色々と併発して元気が無かった。

一時は、体重が3.0kgまで落ちたけど、
今日、病院に行ったら3.4kgまでUP!
元気な頃のモコちゃんの体重に戻った!

本人も見違えるように元気で、
自慢のフカフカな毛並みが戻ってきた。

ただ、腎不全は外見的には症状が
わかりにくいものなので、
これからも週1回の点滴と、
定期的な血液検査で様子を見守る必要はある。

でもでも、本当に良かった。
今は、床からテーブルの上にジャンプできるし、
活発に動き回るし、ご飯もよくたべるし。
それだけでも、うれしい。

そして、今日の帰宅後には、
こんなサービスショットも見せてくれた(笑)
a0065222_2116379.jpg

もう15歳だから、腎不全っていうのも仕方ない。
でも、もっと一緒にいてね、モコちゃん♡
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-02-12 21:32 | ねこズ。

定食、ばんざい!

最近、寒いから料理するのが面倒。(言い訳)
そんな時は、度々、ココに駆け込む(夫が)のだが、
どのメニューを食べても、手作りの温かみがあって、本当に美味しい!

見た目にも、お腹にも、ヘルシーで新鮮な食材であることが
しっかりと伝わってくるのと、

これは個人的な好みだけど、厨房にいるほとんどが女性ということもあり、
定食屋という大雑把感のある言葉の響きを払拭して、
ふんわりと優しい雰囲気が伝わってくるのもいい。
思わず足が向いてしまう感じ。

コンビニとかチェーン店で買うお弁当は、
まさしくお弁当!即席!って感じがするけど、

ここのお弁当は、実家であれこれ詰めてもらったのを
持ち帰ってきた、っていう家庭の台所の味がしていい。

都内なのに無料駐車場もあるし、
早朝から夜遅くまで営業していて、
仕事帰りの夫に寄ってもらうには最適なのだっ!

。。。ってことで、今日も大好きな唐揚げ弁当を。。。
うししししししししし♪♪
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-02-09 09:22 | んまいもの!

ぶっ壊れて、わかったこと。

先週、夫めめも君のパソコンが逝きました。

ありとあらゆる知識と経験を総動員して、
何とか修理しようと必死に闘っておりましたが、
うんとも、すんとも言わずに、そのまま。。。

まぁ。。もともと、めめも君のはオークションで、
その中でもひときわ安くてBTOな中古モノを
買ったからか、たびたび、
人を不安にさせるような故障があったし。

CPUもお粗末過ぎて、
メーラーとかソフトが立ち上がるまで
カップラーメンできちゃいそうな
勢いでもありました。

なので、来るべくして来た、
そうゆうタイミングだな、と、これは。。

でも、至れり尽くせりな大手日本メーカーの
モノはとても手に届かないので、

私が買って使って満足している直販メーカーの
コレを、注文したのですが。。。

注文をポチッとした瞬間、めめも君が、
「新しいやつは、さくらくらが使えばいいよ。」と一言。

あ、そう、さんきゅー!と、ひとたびは思ったものの、
考えてみると、細々としたデータ移動とかするの、
大変だなぁーと思ったので、しばらくしてから、

「やっぱり、いいや。面倒だから。
めめも使いなよ。」と言った途端!!!!

いつもは一文字の横線くらいにしか開けてない目が!
そりゃあ、もう!「カッ!!!」と見開いた上に、
きらきらと星まで浮かんじゃってる感じになって、

「ホント!!??ホントだね!!
武士に二言は無いね!!!???」

「うっひっひっひっひっひ♪♪♪」

と、言いやがりました(怒)

「もしかして、あんな自己犠牲&いい人発言を
しておきながら、実は、自分が使いたかったの?」
と聞くと、

「そりゃあーそうさー♪」と、即答。

「そーゆー優しさは、いらないからっ!!!」
「欲しいものは欲しい、好きなものは好きって
ちゃんと言って!!!」と、

なぜか、いや、やはり、
私に逆ギレされた夫(笑)

いやしかし。
結婚7年目にして、ようやく(遅い)わかってきた。
めめも君は、何かと言うと、
どうぞどうぞ、僕はいいからと言うので、
(譲り合っても、結構、かたくなにどうぞと言う)

「さすが、仏のめめも!」と鵜呑みにしてたけど、

やっぱり、普通の人だった!
かえって、ホッとしたよ。

ホント、狂喜狂乱という様子で、
新しいパソコンが来る月末を楽しみにしてます。

19inchモニタに、最新のCPU、
光沢感のあるデザイン、、、
いいなぁ~と思いつつ、

嬉々とした、めめも君の姿を思い浮かべると、
それを目の当たりにするのが楽しみに。

そうそう!話は変わりますが、
久々にパソコン購入というイベントがあったせいで、
また私のMac欲しい熱が再燃!!

特に、携帯できるMac Bookが欲しいー!!
今日、用事の帰りに池袋の電器店で見てきて、
さらに欲しいー!と、うずうず中ー!!

まずは、お金貯めなきゃね。。とほほほほ
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-01-27 21:33 | ひびあれこれ。

ながいうちの、今。

ここ数年、むやみやたらに焦りまくって、
結局、全て失敗、とか、全ておじゃん、とかで、
はい、はじめに戻る、ってことの繰り返しだった。

少なくとも、そう感じてる。

でも、なんとなーく最近になって、
そうゆう、繰り返しに対して、
ちょっと別の考え方もできるようになってきた。

人生は、短い。
今、自分が思っている“やりたいこと”を
確実に、全部、やりきるためには、

家族や仕事、そこから派生する
様々なことと並行して、

腰の重い自分を何とか立たせ、
ひとつひとつを、よどみなく進ませて、
集中する時は集中して、
緩める時は緩めて、

体力を蓄えながら、うまく消費させて、
日々、何かしらの刺激で起こり得る
気持ちの抑揚とかにも、
まぁまぁ、ほらほら、と適度に逃がし、
つかむところはつかんで、

そうやっていかないと、
とても、とても、足りない。
タイムオーバー必死だっ!

でも、人生を長く感じる時もある。
ちょうど、今がそうゆう時だ。

人生には、短いと感じる時と
長いと感じる時、

どこかでスイッチが、パチッ!と
切り替わって、しばらくの間は、
短いモードとか、長いモードとかで、
時間が進行していくことがあるように思う。

私は、この長いモードの時の過ごし方が
さっぱりわからなくて、とても苦労した。

もう、自分はダメなんじゃないかとさえ思った。

でも、長い人生の、このひと時を、
こうして、過ごしている自分、
そして、日常の様々なこととの触れ合いには、

確かに、短いモードの時にはわからなかった、
様々な発見がある、と感じるようになった。

例えば、父と一緒にいる時は、
テレビを見ながら、あーだこーだと
お互いに話をするんだけど、

最近になって、父はかなり私を立てて
気を遣っているところがあるのだ、
ということに気づいた。

何というか、娘がこんなこと話してるぞと、
ちょっと仕方ないなぁ、っていうか、
やれやれ、という気持ちもありつつ、
うんうん、と一歩引いて聞いてくれているのだ。

その昔は、かなり飲んだくれの父で、
その相手をするのに苦労した分、
今は対等に話せるのだ、
と思っていたらどっこい、

やっぱり、親は親、父は父なのだ。

こんな当たり前のことに、
ずっと気づかずに講釈をたれていた自分が
恥ずかしくて仕方が無かった。

はたまた、昨年、母と、私たち夫婦で
一緒に行った台湾旅行では、

誰のスーツケースにどの土産を入れるか、
について、私が夫に、あーだこーだと
いちゃもん(日常的風景^^;)つけてるのを見て、

母が本気で、あたふたしていて、
ちょっと驚いた(笑)

「お姉ちゃん、こうしたら?ああしたら?」と、
あいまで、恐る恐る、中和剤となるべく、
話しかけてくれて、

今思えば、可哀相なことをしてしまったと
反省してしまう。

でも、なんとゆうか、そうゆう、
わがまま放題言ってる自分を見られるのは、
ずいぶんと久しぶりなことで、
そうゆう現場に母がいたことや、
そのリアクションも、かなり新鮮に感じられた。

こうゆう時間をもてたのも、
そして、このように感じられたのも、
“今”が長いモードになっているからこそ、
だと思う。

まさに、自分とか、自分の人生とか、
そうゆうものを、じっくりと味わっている、
味わわされている、ってゆう感じがする。

こんなことは34年間で、はじめてのことで、
私はそのほとんどを、短いモードで生きてきた。
本当は、人生的に長いモードの時でも、
無理やり、短いモードに切り換えて生きてきた。

だって、そうゆう生き方しか知らなかったし、
そうしなければ、多分、自分が崩れて、
あっという間に、粉になって吹き飛ばされそうだったから。

でも、今は、そうじゃない。
自分はそう簡単には崩れないし、
吹き飛ばない、ってわかってきた。

そう簡単に崩れない自分というものに
励まされたり、苦しまされたりしながら、

短いモードや長いモードで生きていくのかな、
と思っている。

長い長いうちの、ほんの“今”と思うと、
そこに起こってくる色々なことが、
これからどんなふうに自分の人生に
織り込まれていくのか、

ちょっと楽しみだな、と思えるようになった。
[PR]

# by sakurakura787 | 2008-01-16 05:11 | ひびあれこれ。