終了。


by sakurakura787
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そんなあなたにダレがした。


a0065222_08425.jpg

台湾から帰国して今年で5年。
今ではずいぶんと日本の暮らしに馴染んだけど、
帰国当初はたびたび台湾ならではの便利さ、
が懐かしくなったものでした。

特に、外食する時にそれを感じることが多かった。
台湾では、けっこう、色々とメニューに注文できたのさ。
例えば、あれを抜いてくれ、あれを入れてくれ、
辛くしてくれ、甘くしてくれ、はベーシックな方で、

卵スープに、こっちのワンタン入れてくれない?とか、
20個セット売りの水餃子を、半分は焼き餃子にしてくれない?等など。

なので、帰国当初は、日本って不便だなーと思った。
それでも、私はこの5年で、売られているモノから選んで買う、
ということに不便さを感じなくなってきました。

ここは台湾じゃないんだから。
日本では日本でするようにしなきゃねと思ってさぁ。

んが。
それは所詮、台湾滞在1年半のひよっ子だったからこそか。

台湾在住10年歴の夫めめも君は違った。

それは、デニーズに行った時のこと。
前にここの苺のガレットにすっかりはまった私は、
「次はきっと、この“苺のザ・スペシャルサンデー2006”を食そう。」と
心に決めていたことを思い出し、それを実行するべくウキウキと注文しました。

めめも君は、しばらくメニューをにらみつけていて、
「うーん」
「これがなー」
「でもなー」
「うーん」
「よし!」
と、自分なりの「心の旅」を経て意中のモノに
検討をつけたところで、

おもむろにウェイトレスの方に向き直り質問。

(め)「すいません、このチョコパフェなんですけど、
   上に載ってるのは何ですか?」

(ウ)「(びっくりして)えーと、チョコレートプリンと、
バニラアイス、チョコアイスになります。」

(め)「えーと、このアイス全部バニラにしてもらえますか?」

(ウ)「えっ えーーーーーーとーーーー」

(私)「ちょ、、ちょっと、めめも!!!!」

(ウ)「じゃあ、今回だけ特別に(笑)」

(め)「あ、ありがとうございますー」

(私)「あ、すみませんーほんとに。。まったく。。」

ウェイトレスさんが去ってから私は、

「めめもー、ここは台湾じゃないんだからさー
私だって、定食屋でご飯少な目にしてください、
とかは言うけど、ファミレスではさー」

。。。と、ウェイトレスさんが戻って来て、

(ウ)「お客様、チョコプリンもミルクプリンにできますけど
いかがいたしますか?」

(め)(私)「おおおおーーーーー」

(め)「あ、じゃあ、お願いしますー」

なんと、素晴らしいホスピタリティ!!!!!
、、、っていうか、本当にごめんなさい(T0T)

そして、今、デニーズのHPを確認しましたら、
チョコパフェの“ウリ”の部分を見事に変えさせてしまった、
ということが判明(^^;)

バニラアイスにミルクプリンじゃあ、
その名もな、DEVIL'S チョコレートサンデーには程遠いっ
気の弱そうなデビルになっちったではないかぅ(別にいいか、笑)

おかげで、せっかく楽しみにしていた私の苺パフェは、
一度も2人の間で話題にならず、
この様変わりしたチョコパフェの話でもちきりですたっ

思うに、めめも君はたくさん海外を転々としてきてるけど、
海外では、郷に入らば郷に従って色々と驚きながらも
楽しんできたようですが、

どうも、日本の郷に入る、ことにかけては、
あまり興味も関心も無いように見受けられますっ

私はどちらかというと、自分は夫みたいに海外ならではを
楽しめるタイプかと思ってたんだけど、

実際に暮らしてみたら、どうしても日本の感覚で考えてしまう
ちっちゃい自分を発見してしまいました。

なので、めめも君のことをうらやましく思ったり、

でもこうゆうことがあると「ちょっとー日本なんだからさー」と、
小姑みたいな説教をたれる自分はやっぱり、

ちっちぇ。

と思ったりして、苺パフェを食べているようで、
頭はチョコパフェになってしまうのでありますた。
[PR]
by sakurakura787 | 2006-02-11 02:21 | ひびあれこれ。