終了。


by sakurakura787
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お墓を買いました。

何か「しばらく休みます」って宣言した途端に、
来るわ来るわ、イレギュラーなニュースが(笑)

何と、本日はね、墓買っちゃったというわけよ、
そこのあなた、どうよ、この本日のニュース!!
喜んでいいのか、何だかわからないでしょ!?

って言っても、買ったのは父なので、
私じゃないんだけどさ(笑)

※長文につき、読みたい人だけ↓クリックね♪




私は長女で氏を残した戸籍だから、
「お墓を継ぐ人」ということになるわけで
現場に連れて行かれた、という感じなんだけど、

前日の夜にうちに遊びに来た父から
「今日見学に行ったんだけど、
いいところがあるから、見に行くか」と言われ、
軽い気持ちで私も【見学】に行ったのに、
説明聞いてしばらくしたら、父が、

「はい、じゃそれでお願いします」

だってよ!!!????
ええええーーーーーー!!!!

それでまたたくまに契約が終わって、
午後からは住職さんにお会いして、
今日はあまりのことにどっと疲れがきております。。

生前にこうしてお墓を買う人は多いみたいですね。
父はもうずーーーっと前から希望していて、
ことあるごとに話を聞かされていたんだけど、
私はなんつーかはぐらかしていました。

まだ再婚していない父(←本人は到底する気が無い)に、
「そんな死んだ後のことばかり考えないで、
もっと今、生きているうちにできることを考えてよ」と
心底そう思っていたし、強く言って来たのね。

でも父としては、定年を目前にして、
やっぱり色々と考えるところもあり何かあった時に、
私達に迷惑かけたくない、という思いもあったり、
父が次男で実家は遠方なこともあり、
将来的には独立してお墓を持ちたいと考えていたこともあり、
ずっと望んでいたことだったのだ。

もうちょっと父の気持ちも考えて聞いてあげなきゃな。。。
とちょっと反省したりもしました。

これまで「死んだら」ということを具体的にイメージすること、
ってほとんどなかったけど、今日、お墓が建つ場所を見て、
住職さんに会ったりして、

「あー死んだら、うちの家族はここにみんなで入るんだなぁ」
と思って、不思議と、死ぬことが少し怖くなくなった感じがした。
そうすると、生きていくことは辛いことも多いけれど、
何とか頑張ろう、って思えてきて、ちょっとホロリとしてしまった。

死ぬ覚悟と生きる覚悟、ってもしや相通じるものがあるのだろうか。

しかし、、
今気付いたんだけど今日、仏滅なんだけど!?
いいのかな、仏滅にお墓購入しちゃって。。。
どこまでもマイペースな家族だよ、ホント。。。(笑)

(余談)

墓石の中の、お花を飾るところに家紋かお花の絵が彫れるんですけど、
と担当の方が言ったのだけど、こうゆう付加価値的なことには一切、
興味も関心も無い父が、

父 「えーよくわからないのでいりません」

担当者(びっくりしている)

私 「えええーーー!いるよ、いるよ!」
   「父はこーゆー付加価値的なことは一切わからないんで((涙))」

父 「よくわからないから、あんたが決めな(笑)」

私 「えーじゃあ、この蓮の花で!!」

担当者 「えと、ホワイトカラーは入れますか」

私 「えーと。。」

父 「いりません(断言)」

私 「、だそうです。」

担当者 「(爆笑)お父さんも娘さんも、面白いですね。」

私、褒められたみたいです(笑)

そして、めめも君はこの私達の会話中に、
私のお茶も飲み干してしまい、数秒後、私に怒られる(笑)
すると、スタッフの方が焦ってお茶を足しにくる、
という、わけわからない家族のお墓購入記でした(笑)
[PR]
by sakurakura787 | 2006-06-25 21:48 | ひびあれこれ。