終了。


by sakurakura787
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やすみやすみ。


↓本日、化粧ポーチとして購入したもの。お気に入り。
ちなみに、朱肉色。
a0065222_2325548.jpg
「好きな色を、3つあげなさい。」と言われたら、
赤、紫、印鑑の“朱肉”の色、と答えてきた。

しかしながら、好きな色と似合う色は、
どうも違うらしい。

複数の人から“淡いピンク”が似合う、
と言われた時は、本当におったまげたもんだ。

何しろ、10代、20代の私はとんがっていた。(今もか?)
“女”であることよりも、人間としてどうか、が先!と
鼻息フーフー言わせていた。

ちょっと接近しつつあった、仲の良い男性の同僚から、
「パステルカラーみたいな、淡くて優しい色が似合うよ。」
と言われた時には、

「この人、私に女らしさを押し付けようとしてるのでは?」
と思って、ドン引きした思い出さえある。(自意識つよすぎ)

自分が好きな色には、自分がこうなりたい、こう見られたい、
という願望が潜んでいるような気がしてならない。

でも、いざその色が多くを占める洋服を着てみると、
「あれ。。。?おかしいな?」と思うことに気づいてきた。

逆に、淡色系の色を着てみて、しっくりといくことも。

色を例えに持ってきたけど、今の私の状況もまさに
そんな感じなのである。

自分が、こうと思っていることは、果たして本当に
自分に合っているのだろうか、と。

ただ自分がそう思っているだけで、
実は、全く検討はずれのことをしているんじゃないかと。

そう思うのと同時に、もっと自分を試してみたい、
そして確信を得たい、という気持ちも高まっている。

昔から、ファッションなり、持ち物なり、
その人に実にぴったり良く合うものを選んで愛用している人
のことが、羨ましくて仕方が無かった。

自分を受け入れて、自分を存分に生かしている感じがして。
この人は、自分を掴んでいるなぁって思って。

そうして、ぐるぐーるとまた色々考えていて、
なかなかブログで文章化できるまでに落ち着きません。

でも、私にとって、これほどまでに、誰がどう思うか、
ということをまじえずに、自分のことを考えられる環境や
時間があるってことは、はじめてのことなので、

ここはひとつ、気が済むまで、じっくりやってみようと思ってます。

というわけで、ブログの更新もやすみやすみになりますが、
みなさんのところには、遊びにいかせてもらいますので、
ひとつ、どうぞ、よろしくお願いしますm(__*)m
[PR]
by sakurakura787 | 2007-07-07 00:08 | ひびあれこれ。