終了。


by sakurakura787
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プチママ体験。


先週末から妹がノロウィルスにやられてダウン。
急遽、月曜日からうちで甥っ子を預かることになった。
自分の子どもをもつ前に、プチママ体験である。

今日でプチママ体験3日目。
こんなに大変だと思わなかった。

私は昼夜逆転、お気楽不健康生活
を送っていたので、
夜は10時に寝て、朝は7時起床
という健康的で人間らしい甥っ子の
生活リズムに合わせるの大変。

甥っ子に、ご飯食べさせるも、
自分が食べるのは忘れている、
ということはふつー。

しかしながら、
甥っ子は居を違えても全く動じず、
夜泣きもせず、ご飯もりもり食べて、
元気はつらつです。大物!

母親の大変さ、しみじみ実感してます。
世の中のお母さん、えらい、えらすぎる!

みなさんも、ノロ気をつけてくださいね。

[PR]
by sakurakura787 | 2007-01-31 23:26 | ひびあれこれ。

見せちゃイヤん。


「これだけは私に見せないで」
っていうもの、ありませんか?

私の場合は、動物が登場する映画。
かの有名な「名犬ラッシー」なんかまさに!
雨に打たれても、ボロボロになっても、
ひたすら走り続けるラッシーなんて、
とても見ていられません。

例え、ラストでは飼い主と再会できて
ハッピーエンドになろうとも、
私にはラッシーが苦労する姿の方が
心に鮮烈なイメージとして残ってしまい、
ただただ悲しくなるんです。

それに、
「撮影の時に、水で濡らされたのかな。。」
「あんな寒そうなところ、走らされたのかな。。」とか、
余計なことをエンドレスで考えちゃって、
どんどん辛くなる。

だから、動物が出てくる映画は見ません。
たまたまテレビでやってたら、
即効、チャンネル変えます。
そんな徹底ぶり。

と同時に、食べ物にもあります。
絶対、私に見せてはいけないもの。
それは、

「たらこ」!!!!

たーらこーたーらこー♪♪
無類のたらこ好きなんです!!

どれくらい好きか、というと。
かつての同僚が、

「さくらくらさんといえば、たらこだよね!
白いご飯の上に、
どーんどーん!と焼きたらこが数本、
っていうお弁当が、ほぼ毎日。
衝撃だった、あれは!」


ってことを、
5年経った今も覚えているくらい。

・・・・というわけで、、、、

めめも君、

冷蔵庫に残ってためめものたらこ、
食べちゃったー

たらこさー
冷蔵庫の中でさー
ラップにくるまって寒そうにしててさー
見てたら寂しくなってきてさー
「これは早く温かいご飯にのっけてやらなきゃ」
って思ってさー

ごめんね。

てへ♡ 

(再発の可能性、120%)

ちなみに、めめも君は今日、
夜勤で不在でしたーらこーらーらこー♡

[PR]
by sakurakura787 | 2007-01-21 05:46 | ひびあれこれ。

どきり。とした一言。

最近、「HOUSE」というアメリカのドラマにはまってます。

日々、病院という現場で揉まれている夫めめも君が
「おもしろそう」と言うので、私も見始めました。

最初は、「ER」と似たような医療ドラマかと思って、
「何で似たような設定のドラマを。。」と期待せずに見たら
予想を裏切られた、見応えのある作品だった!

「HOUSE」は、いわゆる病院を舞台にしたドラマで、
主役は、天才的な診断医であるグレゴリー・ハウス
という、一癖も二癖もある屈折した性格の医師。

ハウスとそのチームとなる3名の若い医師が、
他の医師たちが解決できない病やその原因を追究
していくのだけど、何が患者にとっての「解決」なのか、
というところで、毎回、ううむ、と考えさせられる。

病気になると、大体、患者本人の意志はそっちのけで、
家族の意志が尊重される、というか、優先されることが
こんなに多いのか、、ということがよくわかって驚く。

しかし、このハウスは、どこまでも患者本位なのだ。
こう書くとすげー良心的な先生かと思うんだけど、
そのやり方が強引で、笑っちゃいけないけど笑える。

例えば、妊娠した少女が、中絶手術をするのを
親には黙っていて欲しいと頼めば、
親には、意味不明な病名を伝えたあげくに、
それでも食い下がられると、「答えられません。」と
言い放って、去ってしまう(笑)

しかしながら、「自分は大人だというなら、自分で考えろ。」
とハウスに言われた少女は、術後、自分から両親に
告白するのだ。

毎回のように、ハラハラドキドキさせられるのは、
ハウスの言動(笑) あーもっと言い方考えれば。。
と思ってしまうのね。でも、ハウスの場合は、
それが「不器用さ」からきているところがいい。

自分の信念を貫くこと(多分に主観が入ってる
ところがご愛嬌)、そのためには妥協しない、
いや、できない、という不器用さ。

ハウスの場合は、「妥協する気がない」という域
に達している(笑)

病院の中で、しかも医師として、あれだけ
「自分そのまま」みたいな人がいることが
逆に人間らしく感じてしまう。

また、何度も検査をするハウスに対して、
「お金にならない無駄な検査をするな」という
経営者側の圧力、同僚医師とのぶつかり合いもある。

天才だからといって、何でも奇跡的にうまくいく、
というようなことにはならず、現実であり得ることは
きちんと、主役のハウスにもふりかかるのだ。

その上で、ドラマは不器用で屈折した欠点も、
人並み以上にあるハウスという「ただの人間」と
「医師としての人間」の生き様を浮き彫りにし、
病院という特別な場所、患者・家族という特別な立場、
人間の体、病気の起源するところ、をリアルに
描き出している。

アウトローでいること=自分が思った通りにやる、
ということは、特に組織の中では非常に大変なこと
なんだなぁと思う。

ハウスのセリフで、私がものすごくドキリとさせられた
ものがある。

新しいチームメンバーの面接をする時、
アメリカならでは、色々な人種の応募があるのだが、
誰が来てもハウスは「信用できない」と一蹴する。

そこで同僚が、確か、「アジア人は勤勉で真面目だ」
と言うのだが、ハウスはこんな返答をする。

「アジア人は、親の期待に応えるために
頑張ってるだけだ。」


実際のセリフは忘れてしまったんだけど、
ドキーンとしてしまった!

これから多くの優秀な医師でさえ解決できない病を
追求し、診断できる人材であるためには、
誰に何と言われようと、「自分自身の信念に基づいて」
思考、行動できる人間でないといけない、
という意思が感じられた。

例えば、誰かの期待に左右されるようでは、
「既存の診断を覆し、批判にも負けず、真実を追究する」
ことはできない、ということ。一瞬の迷いが、患者の命を
奪ってしまうことになりかねないのだから。

私自身、最近まで、親の考えと自分の考えの
ボーダーが見えなくなって七転八倒していたので、
なおさら、カツーンと後頭部を殴られたような衝撃を感じた。

むむむ。言ってくれたな、ハウスめ!って感じ(笑)

アメリカのドラマは、やっぱり面白い。
[PR]
by sakurakura787 | 2007-01-20 02:20 | ひびあれこれ。

はつもうで。

1/3に初詣に行ってきました。
まず、うちのお墓のある近所のお寺に、
その次に、柴又帝釈天に、という二段構えで。

近所のお寺は、規模は小さいんだけれども、
静かで、何となく神聖な空気感が漂っていて好き。
それなりに人も来ているけれど、混雑ほどでなく、
やっぱり、どこか落ち着いた雰囲気がして気持ちがいい。

あい。私たちです♡ パチリっ!
a0065222_20212323.jpg
そして、柴又帝釈天へ。
ここはね、えー雰囲気を楽しむために!こう、
賑わってテンション高くなっている日本人、最高♡(変人)
いや、私が出店好きなだけね(笑)

しかし!混んでましたよ、1/3でさえも!!
見てください、どこもかしこも!!どどーんと!!

a0065222_2037158.jpg


a0065222_20224778.jpg


a0065222_20273279.jpg


a0065222_20275260.jpg


a0065222_20281778.jpg

やっと、本堂と思いきや。。。
a0065222_20234053.jpg

またまた、どどどーん!
a0065222_20291478.jpg

うきー!
a0065222_20303642.jpg

おみくじにも、長蛇の列が・・・
a0065222_20393533.jpg
ちなみに、一昨年も、昨年も、
連続して「凶」づくしだった私ですが、
今年にしてやっと、「吉」を頂きましたっ 

曰く、「思うような成功はしないが、
努力を続ければ天の声を聞くだろう」とのこと。

やっぱり、「宝くじで2億当てて、あとは豪遊人生」、
または「いきなりスカウトされて、ハリウッド女優に」
みたいなことは無いってことですねっ えぇっ

努力を続けたほうがよさそうですね。。
煩悩だらけだし。。。(笑)

早々に本堂を抜けて、後は出店めぐりをしますた!
こっちが本来の目的だったんだけどさ。

ジャンボフランクを売っている店の親父が、
ジャンボフランクを食べながら(ビールも飲んでいたらしい)
仕事をしていたところ、客から1万円を出されて、
慌てて千円札を数えるも、何度も数え間違いをして、
だんだんとその場の雰囲気が緊迫したものに
変わっていった、という余興もありました。

2番目に並んでいる私としては、「数えましょうか?」と
言いたいところだったが、なにぶん、お金のことなので、
口出しもしづらく、ずっとムズムズしてました(笑)

出店エリアも人でごった返していたけれど、
こんなところも、ぎゅーぎゅー詰めだった。


むー むー むー!
a0065222_2055645.jpg
こーも揃いも揃って白目だと怖いんですけど・・・・
みんなに黒目が入る一年になりますように☆☆

[PR]
by sakurakura787 | 2007-01-07 20:08 | ひびあれこれ。

あけましておめでとう!

a0065222_14571356.jpg

いやぁーお腹いっぱい(爆) 

あけましたね、えぇ、あけました!
私の厄年もやっと明けたようですよ(涙)

今年もどうぞよろしくお願いしますです!

まだ初詣行ってないんだなぁー
明日、めめも君がお休みなので一緒に行きますー
多分、柴又帝釈天かなぁ

皆様、ステキなお正月を過ごされますように♡

[PR]
by sakurakura787 | 2007-01-02 15:02 | ひびあれこれ。