終了。


by sakurakura787
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうすぐ旅行なのだ。

やっと、雷雨が落ち着いて晴れ間が見られたね。

今朝は、朝5時に猫ズ。に起こされて、
しぶしぶ起きて、ご飯をあげた。

ふと窓の外を見ると、雨が上がってる様子。
家中の窓を開けて、空気の入れ替えをしてみたら、

たっぷり水分を含んで、朝露でひんやりした、
極上に気持ちがいい空気が流れてきて、
何ともいえない快感〜〜!!

しばらく、ベッドに横になって、
「無」の状態のまま、寝そべってしまった。
まさに、癒しの時間だった。

今、めめも君は、正しい食事療法を習得するため、
専門の病院に入院して、修業している。

修業というと、ストイックな感じがするけど、
たまに携帯の写メで送られてくる玄米菜食の
療養食は、ものごっつい美味しそう!!!
私が食べているものより、絶対に豪華!!!

それに、病院のすぐ近くに、
東京なのに、天然温泉が出ている銭湯があり、
また別にいい銭湯もあるので、
入院患者のみなさん、ほとんどお風呂は
そっちを利用するらしい。

温泉大好き、大きいお風呂大好きなめめも君。
好きなことづくめで、かなりエンジョイしてるよ。
私も一緒に入院すれば良かった、肥満治療で、と、
本気で思った。先生にも誘われたし(笑)

多分、見た目てきには、よっぽど、
私の方が緊急性の高い不健康状態だと思うし^^;
いいのか、自分。いや、良くない(笑)

来週、めめも君が帰ってきたら、
勉強を兼ねて、山梨→長野へ
行くことになっている。

車で行くので、前後1〜2日は、
温泉宿に泊まって、休みながら目的地に向かう予定。

今年で結婚7年目。
出会ってからは9年目。

日本に戻って来てからは、
めめも君も、私も、
生活を築くため、将来のために、
ただただ、走り続けて来た。

これほど、まとまった日数の旅行は、
結婚してから、初めてのこと。

そろそろ、ペースダウンしていいよ、
っていうメッセージなのかもしれない。

私は、単純に、旅行が楽しみ。
だって、めめも君とは、何時間一緒にいても、
あれこれ話ができて、楽しいから。

めめも君は、自然が大好き、山が特に好き。
硫黄の匂いのする温泉は、最高に好きだから、
部屋に温泉がついている宿で、
2人で、ゆーっくり、するのだ。

将来のために生きる生活もあっていい。
でも、今を生きるってことを実感しながら
過ごす毎日に切り替える時が来てもいいと思う。

本当に来週が楽しみなのだ。
[PR]
by sakurakura787 | 2008-08-31 15:54 | ひびあれこれ。
今回の夫の病名がわかるまで、えらい時間がかかった。
5/19に入院して、病名わかったのは、結局7/10位だから、
実に2ヵ月弱??検査、検査の毎日で、不安ばかり募るという。

大学病院っていうのにも、かなり戸惑った。
ボス医者がいて、病棟を回診する専門の主治医とその子弟達、
というグループ制になっている、ということも、

特に説明があるわけじゃないし、
聞いてみて、「大学病院はこうだから」っていう感じ。
知らねーよ、教えてくれよ、って思った。

わかりやすい病気だったらいいんだけど、
うちらみたいに、診断名がつくまで時間がかかると、
それこそ、検査毎に、必死になって医師の話を、
咀嚼して飲み込まねば、とやっきになってしまう。

そんで、聞いたんだけど、わかってるようで、
わからない、そうゆう、もどかしさ。

まぁ、医師とのコミュニケーションうんぬん、
っていう課題もあるとは思うんだけれども、

何より驚いたのは、病院だから、お医者さんだから、
何でもできて、わかっていて、まるで魔法のように、
全てを奇麗さっぱり解決してくれる、

みたいな幻想を抱いていた自分がいたってこと。

そうじゃないんだよね。
やっぱり、わからないことがあるんだよ、
人の体のことって。

わからないなりに、しかも医薬品の早期認可が待たれる
ような状況の中で、日進月歩の医療技術の中で、
必死に戦っているお医者さん達がいるんだ、ってこと。

そして、患者とその家族は、病院を入り口にして、
お医者さんや看護婦さんなど、非日常の人と突然に出会い、
何とか、自分の健康を取り戻そうと努める。

ホント、医者まかせ、っていうのには、
かなり無理があるんだなって思わされた。

薬にしろ、手術うんぬんにしろ、
自分がきちんと把握して、自分で決断していかなきゃならん。
それも、かなりの短期間で行わないといけない。
それには、家族の協力がどうしても必要なんだ。

例えば、スーパーで、お弁当を一個、買うのは簡単。
でも、そのお弁当と全く同じものを、
食材から揃えて、自分で作ろうとしたら、
そりゃあもう、大変だよね。だしから味付けから、
材料を適度な大きさに切ったりさ。。

それでも、かゆいところに手が届くカタチ、
というと語弊があるかもしれないけれど、
自分が望むカタチで、自分の体を治そうと思うと、

そりゃあもう、相当なエネルギーが必要なわけだ。
それも、病気で、ただでさえ体が弱っているという時に。

そうすると、お医者さんにおまかせ、になるよね。
それは当然だ。体が辛い時に、自分で料理しないで、
お弁当を買って食べて何が悪い。当たり前のことだ。

ただひとつ。
人間の体っていうのは、こうすれば絶対こうなる、
っていう基本的な中央値を探ることはできても、
個体差のデータを集約して統計を取ったもの、
っていうのは、患者側としては、あまり意味をなさない。

自分が深刻な病気になった時に知りたいのは、
そういった大まかなデータじゃなくて、
あくまでも、自分にほど近い個体差と自分との比較
を通した、自分の体と病気への学び、なんだよね。

患者同士の横の繋がりが、もっとできてくると、
例え、病院で見放されたからといって、
それで絶望しなくてもいいんだ、って、
抗がん剤をしない、っていう選択肢だってあるんだ、
っていう、

自分の体を治すために、自分が闘える方法を、
自分で見つけ出す、ことがより早くにわかって、
できるようになる、検討することができるんじゃ
ないかなと思う。

専門的に学んでも、やっぱりわからないところがある。
そうゆう、人間が人間をわかりきらない、
ってところに、自分であることの意味があるんじゃないか、
と思ったりする。

うーむ。
吐き出してるね、私(笑)
[PR]
by sakurakura787 | 2008-08-28 01:42 | ひびあれこれ。
最近、やたらと調べものをしているなかで、
コーヒーエネマ」なるものを発見。

エネマ、すなわち「洗腸」である。

オーガニックコーヒーに、
腸に優しい成分を配合したもの155g位を、

人肌位の温度になるように、
ミネラレルウォーターと奇麗なお湯で薄めて、
だいたい700〜1000ccにする。

それを専用の点滴材のようなもので、
直接、肛門から腸に流し入れるのだ。

といっても、だいたい、入るのは、
肛門から近い一回り位のものなので、
特に、腸の左側が汚れて詰まりやすいという部分を、
重点的にマッサージしながら、便意を待つ。

しばらくすると、ぐぐぐぐーーーっ!と、
ブツが降臨されるので、急いでトイレに駆け込む!

これが、これが、今まで味わったことの無い、
何とも言えないスッキリ感なのですよ!

体が、ふわ〜っと軽くなった感じがするの!

毎日、同じ時間にするように、ということなんで、
私は寝る前、だいたい夜9時にしているんだけど、
体が楽になって、寝付きも、すこぶる良いのだ。

特に、翌朝、胃や腹部のあたりが、
本当に気持ちが良くて、清々しい感じなのだ。

私はもともと便秘持ちで、特に最近は胃の膨満感で
苦しくてたまらなかったので、ほぼ毎日、
市販の便秘薬や処方の胃薬を飲んでたんだけど、
あまり改善しないし、

何より、めめも君の一件で、
何でもかんでも薬を飲むっていうのはどうだろう、
っていうところにたどり着いたわけ。

コーヒー洗腸は、アレルギー体質の改善も
期待できるようなので、まぁ、体の調子を見ながら。
自分に合っているようであれば、
このまま、続けてみようかなと思っている。

ところで、便秘薬の常用で刺激され続けた腸は、
自然の状態を取り戻すのに半年位はかかるそうな。
漢方にしても、薬は薬なので、自然ではない刺激を
急激に与えるというのは、何にしろ、
良くないことらしい。

わかっちゃいたはずなんだけれども、
目隠しして、「今度だけ」「今だけ」って、
見ない聞かない知らないふりをしてきた気がする。

だめなんだよ、それじゃ。
体には、確実に影響しているんだね。

めめも君と共に、玄米菜食を学びながら、
私の体も自然な力を取り戻せるといいな、と、
もしかしたら、私にとってもそうゆう勉強の意味が
この経験にある、のではないかと思っている。
[PR]
by sakurakura787 | 2008-08-27 19:21 | ひびあれこれ。

怒濤の3ヵ月。

いやー、やっとブログに書けるほどに、
落ち着いてきた、状況も心の方も。

5/19から緊急入院していた夫めめも君。
それからずっと、めくるめく検査の日々が続き、
しまいには、大学病院へ転院までしたのに、
さらに検査、検査の毎日。

More
[PR]
by sakurakura787 | 2008-08-23 11:31 | ひびあれこれ。